<立ち上がろう!>そんな意気込みで、毎朝毎晩、自分の信念を大切に過ごしています。なるべくテレビをつけないように、出来る事ならラジオもつけずに、いつだって自分に問いかけるぐらいの狭い世界で過ごしています。第六感とやらを、どうにか鍛え上げられないものか、真剣に研究も行っています。もちろん、そんな事は独学です。友人へ打ち明けられるはずもないです。今ですら大成功を得られてない、この私です。平凡に人生を終わらせたくないです。
生きていくことは、他者との化学反応を効率よく行い、予期せぬ出来事への発展を楽しむぐらいな余裕があるべきです。
つまらないことをダラダラ書いてきたわけではないのです。今まで関わってきた自分以外の人間と、今後に再びどこで会えるかもわからない時代です。たとえば学生時代の友人と、意外なバッタリと会う事も少なくないです。それこそ、自分が行動しているから不思議なこととして現実に至ります。<偶然は必然>といった表現を私もしてみたいのです。

efe61aec30a4ecd4c7962487f36978fe_s
自分が生まれた地へ、再び住まいを戻す事。それを一つ目の選択肢とします。第六感を鍛え上げるためだけに、全力を注ぐ。そうするならば、茨城県の潮来へ引っ越す。これが2つ目の選択肢。学生時代の友人を思い出す事によって、北海道や藤沢市への引越しなどを、ふと企画したくなります。
ここまでで、引越し候補地を4点近く挙げてみました。
先ずは頭を起動させる。頭が温まると、素晴らしいアイデアが、突然に天から舞い降ります。引っ越す気持ちが無かった私も、時間の経過で成長を求めたくなります。いつまでも子供でいられない。自分を厳しい状況へ持ち込みたい。厳しい環境で過ごし、さまざまな事へのありがたみを学ぶのも良い時間です。今日ならではの日記を書いてみて、引越し意欲が再びわいてきたのです。忘れぬうちに書いてみてよかった話なのです。とりあえずは、保存版です。また時間が出来たら、このページを読みに来たいと思います。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

セントラル短資FXの詳細はコチラ